MASX84 サックス・アンサンブル 舟唄【サックス四重奏】

 八代亜紀は、1971年のデビューから2023年12月に亡くなるまでの約半世紀、多くのヒット曲を世に送り出した演歌歌手。「舟唄」も代表曲のひとつで、1979年5月の発売。日本レコード大賞や日本歌謡大賞では大賞を逃したものの(翌年「雨の慕情」で大賞を受賞)、紅白の大トリを務めました。八代亜紀にとっては初の“男歌”(女性歌手が男の立場に立って男言葉で男の気持を歌うもの)であり、途中で歌われる“ダンチョネ節”が非常に印象的なナンバーです。ちなみに、ダンチョネ節は神奈川県の三浦市三崎町を中心に広まった民謡であり、もともとは漁師のあいだで歌われた流行歌だと言われています。

【アレンジャーより】
 S.Sax.はA.Sax.でも演奏できるように楽譜を用意したので、各団体に合わせて使い分けてください(内容は同じです)。
 ほぼ原曲と同じフルサイズで、「沖のカモメ~」のいわゆる“ダンチョネ節”のソロは、1回目はT.Sax.、2回目はBar.Sax.の「ドSolo」です。
 長い場合は1カッコを49小節目まで演奏した後2カッコへ進んでください。
 エンディングの2小節はこの版独自のアレンジで、ハーモニーを変化させています。もちろん、Cadenzaは(ハーモニーに注意しながら)自由に演奏してください。

編成
Full Score
Soprano Saxophone
1st Alto Saxophone(opt.)
2nd Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone

※1st Alto Saxophone(opt.)は
Soprano Saxophoneがない場合などに代用してください。


ランキング:
税込価格 ¥2,310(本体 ¥2,100)
詳細表示
出版社 (株)ミュージックエイト  ジャンル サクソフォーン重奏
編・著・監修
グレード 3 刊行日 2024/02/16
総ページ数 サイズ 29.7
厚み 2mm 重さ 100g
版型 A4 絶版(再版予定)
編成
掲載曲