音楽家の伝記 はじめに読む1冊 シベリウス

《ヴァイオリン協奏曲》や交響詩《フィンランディア》をはじめとする名曲で知られ、フィンランドを代表する作曲家のシベリウス。民族の魂を音楽で具現化し、祖国独立にも貢献した「国民的英雄」の知られざる創作の苦悩とは。シベリウス入門にうってつけの一冊。

【音楽家の伝記シリーズ】
10歳から読めて、大人にも本物の感動を。
歴史上の偉大な音楽家たちの生涯を、物語のように読みやすく。

10歳から読めるクラシック音楽入門書。音楽が試聴できるQRコード付き!

●小学校5年生以上で習う漢字には、すべてルビをふっています。
●本の中に出てくる楽曲を、その場で試聴できるQRコード付き。
●音楽家の関連地図、人生年表などの付属資料も充実。
●図版も多数掲載。
●著者が選ぶ、おすすめの楽曲リスト「はじめにきく1曲」を紹介。

カバーイラスト:北澤平祐
シリーズデザイン:山田和寛(nipponia)


[目次]
プロローグ
第1章 ハメーンリンナの落第生
第2章 青春のヘルシンキ
第3章 留学生活
第4章 《クッレルヴォ交響曲》
第5章 カレリア詣で
第6章 交響詩《フィンランディア》
第7章 カルペラン男爵の友情
第8章 アイノラ荘
第9章 フィンランドの独立
第10章 アイノラの静寂

注釈・参考文献
あとがき
シベリウスの人生と歴史上の出来事
はじめにきく1曲


■著者について
ひの まどか
音楽作家。東京生まれ。東京藝術大学器楽科(ヴァイオリン専攻)卒業。東京ゾリステンほかでヴァイオリニストとして活躍。東京藝術大学、故小泉文夫教授の下で民族音楽を研究。その後、作曲家の伝記や小説、音楽解説などの執筆活動に入る。現地取材がモットーで、「作曲家の物語シリーズ」(リブリオ出版・児童福祉文化賞を2度受賞)は全20巻中、19巻を手がけた。主な著書に『星の国のアリア』(講談社)、『総統のストラディヴァリ』(マガジンハウス)、『戦火のシンフォニー』(新潮社・第25回新日鐵住金音楽賞特別賞)。原案・監修に「学研 音楽まんがシリーズ」などがある。


ランキング: 【書籍・読み物】 123位 (5月20日更新)
税込価格 ¥1,760(本体 ¥1,600)
詳細表示
出版社 ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス  ジャンル 伝記・評伝(作曲家・演奏家)
編・著・監修
グレード 刊行日 2024/04/10
総ページ数 320ページ サイズ 19.0
厚み 24mm 重さ 360g
版型 四六判 絶版(再版予定)
編成