トーキョー・シンコペーション

『レコード芸術』誌において2022年4月から16回に渡って掲載され、カルト的な人気を誇った同名記事に大幅に加筆して再構成。当代を代表する音楽学者であり「現代音楽」のスペシャリスト沼野雄司氏が、堅苦しい、難しいと思われがちな作曲家たちの思考や作品を美術、映画、哲学、小説、ロックやポップスなど、他ジャンルの作品との比較の中で軽妙なタッチで深く論じます。既成概念を打ち破る“新しい”音楽批評が展開。
ランキング: 【書籍・読み物】 286位 (7月15日更新)
税込価格 ¥2,420(本体 ¥2,200)
詳細表示
出版社 ㈱音楽之友社 ジャンル 評論・エッセイ・読み物・その他
編・著・監修 沼野 雄司
グレード 刊行日 2023/12/25
総ページ数 272ページ サイズ 19.0
厚み 21mm 重さ 319g
版型 四六判 絶版(再版予定)
編成