ウィーン原典版256 ハイドン/ピアノ・ソナタ全集 1 新版

2009年のハイドン没後200年を機に、新たに改訂されたピアノ(クラヴィーア)・ソナタ全集。1970年代に出版されたランドン校訂の旧版を底本として、その間に発見された新たな資料を基に改訂。改訂にあたっては、演奏解釈の実践を事細かに指示するのではなく、実例を挙げるにとどめ、演奏者に解釈が委ねられている。また新全集の特長は次のとおり。
①楽譜が全面的に浄書し直された。例えば、重音奏法は、音源資料に基づき、各声部ごとに符尾をつけ声部の流れがわかりやすくなった。
②曲順を、旧版ではランドンの分類による年代順だったが、利用者の便を図りホーボーケン番号順に並び替えた。また、新たにハイドン作と確認された「ボルツァーノ・ソナタ」が初めて掲載された。
③演奏法、装飾法、カデンツについて、レヴィンによる詳細な解説が加えられた。
④旧版ではやむを得ず掲載されなかった校訂報告が加えられた。
ハイドンのソナタはピアノ学習者のレッスン曲としてのみならず、近年多くのピアニストの重要なレパートリーとしてホールで演奏されるようになった。今までモーツァルトやベートーヴェンの陰に隠れていたハイドンのソナタの魅力を、多くの人々が認識するようになってきたといえるだろう。
ランキング: 【クラシックピアノ教本・曲集】 2320位 (2月19日更新)
税込価格 ¥4,290(本体 ¥3,900)
詳細表示
出版社 ㈱音楽之友社 ジャンル 作曲家別ピアノ曲集
編・著・監修 ハイドン 作曲/ランドン 校訂/ライジンガー 改訂/レヴィン 演奏例/ジョーナス 運指/堀朋平 訳
グレード 刊行日 2013/03/30
総ページ数 192ページ サイズ 30.3
厚み 13mm 重さ
版型 菊倍 絶版(再版予定)
編成
掲載曲