標準版 ソナチネアルバム 1 解説付 New Edition

本書は、「ソナチネアルバム」を通じて、曲の構造に対する興味や意識をもってほしい、という願いをこめて編集されている。クーラウやクレメンティ、モーツァルトやハイドンら古典派の名曲を収録するこの曲集は、これまで「弾き方」に対する解説がほとんどで、曲の構造についてはあまり語られてこなかった。しかし感性や音楽性をじょうずに表現するためには、形式や構造に対する理解や分析力が欠かせない。本書は、収録しているソナチネ全曲に、構造を一目で把握できる図と文章を載せた。学習者たちが初めて出会う「ソナタ形式」に意識的に取り組めるよう、巻頭にも詳しく説明をしている。
巻末の付録各曲はオーケストラや弦楽四重奏の編曲が含まれているが、これらには、多彩な楽器をイメージし表現できるよう原曲のスコアを載せている。「ソナチネアルバム」を立体的に演奏するための、さまざまな工夫が盛り込まれた楽譜である。
ランキング: 【クラシックピアノ教本・曲集】 724位 (12月17日更新)
税込価格 ¥1,944(本体 ¥1,800)
詳細表示
出版社 ㈱音楽之友社           ● ジャンル バイエル・ハノン・ブルグ・ツェルニー・ソナタ・ソナチネ
編・著・監修 秋山徹也 解説
グレード 刊行日 2013/03/31
総ページ数 180ページ サイズ 30.3
厚み 重さ
版型 菊倍 絶版(再版予定)
編成
掲載曲